パンパシ水泳2018

ジスタス大好きな皆様♡

ご無沙汰しておりますww

ジスタス野球大好きの大見○さんです。

今回も野球の話題………ではなく

先日行われたパンパシ水泳のお話です。

 

最近から少しずつフロントを離れて

スイムのお勉強もさせて頂いております。

泳いだのは10年ぶりくらいだったので

毎日緊張しまくりでした。ww

さてさて、パンパシ水泳をあんなに真剣に見たのは

初めてなくらい、釘付けでした。

池江選手の6冠には感動しましたね。

あんなに綺麗に泳げるんですね。

自分は、泳いでるのか、、、、、溺れているのか、、、、、w

練習あるのみです!!

パンパシ水泳を見て泳ぎたくなったあなた!!!!!

あなたですよ!!ほら!!そこのあなたです!!そうです。そうです。

ジスタスでは、初心者からも受講できるレッスンもありますので、

一度、お試しあれ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

yjimage

 

 

 

 

 

 

補足として、、、、、、

パンパシとは

東欧諸国を筆頭に世界に君臨してきたヨーロッパ諸国の勢いに危機感を持った、オーストラリア、カナダ、日本、アメリカの4ヶ国が、環太平洋地域の水泳レベル向上に力を結集するため、1984年にパンパシフィック水泳協会を設立し、環太平洋地域の国々が参加する競泳国際大会を開催しました。

以降オリンピック・世界選手権を開催しない年に、上記4ヶ国の持ち回りで開催。同時期に開催される欧州選手権に比べ、実力的にハイレベルなパンパシフィック水泳選手権大会へ中国や韓国、ブラジルや南アフリカなど、世界の強豪国が積極的に参加する、名実ともに大規模な国際大会となりました。

現在では、オリンピックの中間年(4年に一度)に開催され、北島康介やイアン・ソープ、ライアン・ロクテ、マイケル・フェルプスなど、本大会活躍選手の多くが2年後のオリンピックで活躍するハイレベルな大会となっており、水泳界では「オリンピック・世界水泳と並ぶ世界三大大会」の一つに数えられています。